〒060-0054 北海道札幌市中央区南4条東1丁目5 青葉ビル4F
地下鉄 大通駅より徒歩6分/南北線すすきの駅より徒歩5分

営業時間
9:30~20:00(土 9:30~17:00)
定休日水曜日日曜日祝日

お気軽にお問合せください

011-231-2139

デスクワークが多い方へ

デスクワークが多い方は要注意

現代社会で仕事を行う上でパソコンやスマートフォンを使ったデスクワークは欠かせません。当接骨院に来院される方で一番多い症状はデスクワークによる首の痛み、肩こり、腰痛の方です。同じ姿勢でパソコンを使用することにより、首肩の筋肉だけでなく背中や腰の筋肉、お尻の筋肉の血行が悪くなり筋肉が硬くなります。また夏はオフィスのエアコンが効きすぎるあまり身体が冷えてしまい痛みが出る事もあります。

こちらのページではデスクワークを長時間続けることで考えうる症状とその説明について書いていきますので参考にしていただけると幸いです。デスクワークは思っている以上に身体への負担がありますのでぜひ頭の片隅に入れておいてくださいね。

デスクワークで良くある症状は?

  • 頭痛,肩こり
  • 眼精疲労
  • 猫背からくる背中の痛み
  • 腰痛、ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛(おしり、太ももの痛み)

頭痛・肩こりの方は…?

パソコンを長時間行うと前かがみ姿勢になり頚肩、背中の筋肉が常に引き伸ばされた状態になります。この状態は頭の後ろにある筋肉が頭が前に行きすぎないように常に筋肉に力が入り徐々に疲労物質の一種である乳酸が蓄積し筋肉が硬くなっていきます。結果的に血行不良による首こりや肩こりになり、頭痛や慢性的な肩こりの原因になります。また長時間のパソコンは自律神経に影響を及ぼし、普段の生活では気付かないストレスとなります。ストレスが溜まることにより寝ている時に歯を食いしばり(歯ぎしり)が起こり頭の横にある物を噛む筋肉である咀嚼筋(そしゃくきん)を痛めるために頭痛のような症状が出たりします。頭痛や慢性的な肩こりは鍼灸治療や根本的な姿勢の改善が良いので猫背矯正がオススメです。

眼精疲労の方は…?

目の疲れ、かすみ、乾燥はデスクワークの多い方に見られる症状です。近年はスマートフォンの普及に伴い常に目を使う方が増えてきています。パソコンやスマートフォンからはブルーライトという眼精疲労の誘発や体内リズムを乱れさせると言われている青色の光が発せられています。体内リズムの乱れにより睡眠の質が悪くなり睡眠時間を十分にとっていても日中ねむなったり、不眠症になったりという身体の不調も出てきます。またしっかりと寝ているのに関わらず朝から目がかすんだり疲れているような方は眼精疲労がある状態ですのでケアが必要です。目の周りにあるツボのセルフマッサージや蒸しタオルで目の周りを温めて血行を促進させる等を行ってください。その他に最近ではブルーライトカット効果がある眼鏡がありますので仕事中に使用するのも効果的です。当院で行っている鍼灸治療で美容鍼や眼精疲労鍼がありますので目の疲れが酷い方は一度ご相談ください。

デスクワーク中の背中の痛みは?

長時間のデスクワークを行う時には背中の筋肉が姿勢を立たせるように常に働きますので背中の筋肉が硬くなりやすくなります。またキーボードを使用するときには肩甲骨が外側にスライドして広がるために背骨から肩甲骨内側にくっついている筋肉が必要以上に引っ張られて硬くなりがちです。肩甲骨は首、肩、背中の筋肉がたくさんついている動きが大きな骨ですから正しい位置にある事が背中の痛みの予防につながります。普段から肩をしっかりと回したり、ジョギングして肩甲骨をしっかりと動かしてあげる事で周りの筋肉がほぐされて背中の痛みが軽減します。また当院で行っている猫背矯正はくび、かた、肩甲骨の動きを矯正して姿勢を改善するものなので長時間のデスクワークで背中が凝りやすい方にお勧めです。その他に鍼灸治療も慢性的な筋肉のコリに有効ですのでお気軽にご相談ください。

 

デスクワーク中の腰痛とぎっくり腰

長い時間座った姿勢でパソコンを使用していると首こりや肩こりが出てくるというのが一般的ですが、最近では腰痛やぎっくり腰で来院される方が増えてきています。一般的に腰痛やぎっくり腰は重いものを持ち上げた時や急激な運動、寒い所でなってしまうイメージがあります。本来人間は立っている姿勢(立位姿勢)では上半身の重みは腰(背骨)、股関節、膝関節、足関節(足首)のバネにより上手に吸収されています。しかし、デスクワーク中に長い時間座っていると下半身の動きが制限され上半身の重みは腰で全て支える事になります。また下半身の動きが制限されると背中全体が丸まってしまうために腰にさらに負担がかかります。一部の研究では座っている姿勢を50分以上続ける事で約40%腰に掛かる負担が増加し、背中を丸める姿勢を続ける事で約90%腰への負担がかかるようです。腰への負担がかかるという事は筋肉疲労を蓄積してしまいますので普段から適度な運動で筋肉を動かしたり、鍼灸治療や電気治療で身体の筋肉をほぐすことをお勧めします。また猫背矯正で姿勢を矯正する事で背中が丸まらなくなるので腰に掛かる負担も軽減されますのでオススメです。

 

交通事故治療に関するお問合せ

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

011-231-2139
営業時間
9:30~20:00(土 9:30~17:00)
定休日
日曜日祝日

同ビルに接骨院(4F)とマッサージ(3F)がございますのでお間違えの無いようにお願い致します。

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

011-231-2139

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

INFORMATION

2020/02/17
料金表を変更しました。
 
2019/04/27
まつだ院長のコラムを更新しました
2019/4/8
ブログの記事を更新しました!

アクセス・営業時間

住所

〒060-0054 北海道札幌市中央区南4条東1丁目5 青葉ビル4F

最寄駅

地下鉄 大通駅より徒歩6分/南北線すすきの駅より徒歩5分
(ビル1Fに無料駐車場がございます)

営業時間
 
午前 × ×
午後 × ×

 9:30~20:00
(土 9:30~17:00)
昼休み休憩はございません

定休日

水曜日・日曜日祝日